ぎっくり腰の治し方になったらどうするの?

ぎっくり腰の治し方をご紹介します。

 

 

あなたは、ぎっくり腰になったことがありますか。

 

 

重い箱を持ち上げた、その瞬間!

 

 

電気走ったように衝撃が腰に走り、そのまま動けなくなったりしたことがありませんか。

 

 

はじめてぎっくり腰になった人は、最初その経験をしたとき、かなり焦ったのではないでしょうか。

 

 

そして、ぎっくり腰はどうやったら治るのか。

 

 

色々と不安になっていると思います。

 

 

でも、安心して下さい。

 

適切な対処や処置をすれば、ぎっくり腰は治ります。

 

 

 

ぎっくり腰の治し方

 

ぎっくり腰になると、一見、腰をなるべく動かさない方がいいのかなと思いがちですが、実はそれは間違いです。

 

 

ギックリ腰を治す方法は、安静にするのではなく、なるべく腰を動かした方が良いです。

 

 

 

その理由は、ギックリ腰は、腰の筋肉がぎゅっと縮まってしまったことが原因だからです。

 

 

 

ですので、安静にしていては、筋肉がいちまでも固まった状態になってしまい、腰の痛みをとることが出来ません。

 

 

ギックリ腰になったら、無理をしない程度に、動かせるとこから動かした方が、治りが早いのです。

 

 

 

ぎっくり腰の原因

 

 

では、何故、ギックリ腰になってしまうのか。

 

 

重い荷物を持ったからギックリ腰になったのではありません。

 

 

ぎっくり腰になるときは、例え、軽い紙のようなものでも、ぎっくり腰になるときはなります。

 

 

 

ギックリ腰になる原因は、普段の生活の中で、腰に疲労や負担が溜まって、最終的に耐え切れなくなって、起きるのです。

 

 

特に、同じような態勢を長時間している方は要注意です。

 

 

 

・オフィスワーカー(事務)

 

・長距離のトラックやタクシー運転手

 

 

 

など、ずっと同じ姿勢を取り続けるのは、腰によくありません。

 

 

また、前かがみの姿勢もよくありません。

 

 

パソコンやスマフォを前かがみで見続けると、その姿勢の状態で、腰の筋肉が固まり、疲労を起こし、腰痛の原因にもなってしまいます。

 

 

ですので、同じ姿勢をなるべく長時間続けないように、時々ストレッチをしたりして、腰や体の筋肉を伸ばすようにしましょう。

 

 

また、重い腰痛になってしまった方は、ただのストレッチでは、なかなか改善できないので、そういった場合は、腰痛ストレッチで改善することが出来ます。

 

 

腰痛ストレッチは、福辻式腰痛改善がおすすめです。

 

 

福辻式腰痛改善では、福辻鋭記さんが腰痛を改善するためのストレッチ法を詳しく解説しています。

 

 

腰痛にお悩みの方にはオススメです。